FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
いちばん大事なこと
いちばん大事なこと―養老教授の環境論 (集英社新書)いちばん大事なこと―養老教授の環境論 (集英社新書)
(2003/11)
養老 孟司

商品詳細を見る


虫が生活の場からいつの間にか
いなくなったなぁ~と感じます。。。


でも、著者の方の自然の中に虫も動物も人間もいる

人間だけが特別ではない。。

と言われると、確かにそんな気がします。


自然と共存する事で
自分の力ではどうすることも出来ない事が多く
( ほとんどの事が予測不可能の場合が多い )
必然的に我慢、忍耐なども必要となるんですよね

人工的に創られた場所で生活していて
自然と切り離されてしまうと
「○○したら ○○できる」
そんな考え方になってしまい
自分でなんでもコントロールできる
そんな気分になってしまうんですね~

私自身
ほんの小さな植物を育てるのも
子供を育てるのも
何もコントロールできるはず無いのに。。。
出来る気になってしまう

自然との共存・・
もっとしっかり考えていかないと駄目ですね
スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

【2008/11/04 16:49 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<星野道夫と見た風景 | ホーム | ガウディの伝言>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://emiblog.blog31.fc2.com/tb.php/603-068026cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。